福島県会津若松市の鍼灸治療院/tontonはり灸治療院・肩こり・腰痛・膝の痛み・座骨神経痛・井穴刺絡

会津若松市の鍼灸院、なかなか治らない「肩こり」、「腰痛」、「膝の痛み」を原因から治しませんか?

⑦井穴刺絡療法

⑦井穴刺絡療法

お問い合わせ、予約電話番号 0242-28-6150 tontonはり灸治療院

井穴刺絡療法は、④で解説したように、経絡上の傷みや動きの改善の治

療ができると共に、胃腸や肝臓、胆嚢、腎臓等の内臓の治療もできま

す。

 痛みの中には、内臓の不調から発症している痛みがあります。

これらの痛みの治療には黒酢や黒酢エキスなどの発酵食品を取ると共

に、バンキー療法や井穴刺絡療法によって、内臓の働きを正常に戻す必

要があります。

[井穴刺絡療法・内蔵の治療の特徴]

 指先・井穴刺絡の刺激で、胃腸、肝臓、胆嚢、腎臓、膀胱、心臓、

肺、前立腺、婦人科などの治療ができます。

内臓の不調が改善されると共に、腰痛や肩こりなどの痛みや違和感も

改善されます。

[井穴刺絡療法の実際]

①肩こり、腰痛、膝の痛みなどが、どの姿勢でどこに出るか確認する。

②仰向けに寝て、お腹を押さえてみる。

上腹部は胃や膵臓、右は肝臓胆嚢、肘の高さの痛みは腎臓等を確認して、それぞれに治療する。

   胃腸・・・左F1F6
   
   膵臓・・・左F6
   
   肝臓・・・右F2F6

   胆嚢・・・F5

   婦人科・・・F1F2F3(H5F5)

   腎臓・・・F3

   心臓・・・H3

   肺・・・・H1

③治療後、内臓の不調の軽減と腰痛や肩こりの軽減が同時に起こるか

確認。

■虫垂炎の手術後の癒着が原因の場合、右F1F6の井穴刺絡療法。

■帝王切開や婦人科、胃の手術後の癒着が原因の場合、F3F6の井

穴刺絡療と百会の頭部刺絡。

[交感神経の症状・痛み]

 自律神経・交感神経の働き過ぎでは、血管の収縮による血流障害が起こります。

血液の流れが悪くなると、組織の酸素が少なくなり筋肉や腱などの組織の働きが悪くなり痛みやしびれが発生します。

 治療法は、交感神経を抑制するH6F4の井穴刺絡や問題のある臓器や組織、経絡の井穴刺絡を行います。

■交感神経の働き過ぎを抑制する食べ物では黒酢や黒酢エキスなどの発酵食品が効果的です。

また、天然のビタミンCが豊富なアセロラやアセロラのエキスはストレスの解消に役立ちます。

[副交感神経の症状・痛み]

 自律神経・副交感神経の働き過ぎによる症状「アレルギー」があります。

関節のアレルギーでは、リュウマチやバネ指、

アレルギー性の五十肩、胃潰瘍の半分、

偏頭痛、生理痛、痛み過敏症などが考えられます。

 治療法は、手足薬指H5F5井穴刺絡 

 別ページの「副交感神経の異常興奮」参照。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

福島県,会津若松針灸,会津若松鍼灸,井穴刺絡,円皮針治療,バンキー療法,整体, 頭痛,目の痛み,首コリ,肩こり,五十肩,背中の痛み,ぎっくり腰,慢性腰痛,膝の痛み,股関節の痛み,座骨神経痛,足のしびれ,腕の痛み,椎間板ヘルニア,腱鞘炎,痔疾,頻尿,便秘,胃がむかつく,糖尿病,高血圧,アトピー性皮膚炎,生理痛,偏頭痛,不眠,婦人科疾患