福島県会津若松市の鍼灸治療院/tontonはり灸治療院・肩こり・腰痛・膝の痛み・座骨神経痛・井穴刺絡

会津若松市の鍼灸院、なかなか治らない「肩こり」、「腰痛」、「膝の痛み」を原因から治しませんか?

コラムH22年12月

コラムH22年12月

足湯の効用   H22.12.6

12月に入りだんだん寒くなってきました。

磐梯山も雪におおわれています。

今年は雪が多いんじゃないかと言われています。

足を治療しながら患者さんに

「最近、足先が冷たくないですね。」と言うと。

「そおいえば、以前みたいにヒヤッとしないんです。

先生に言われたとおりお風呂に入る前に足湯をやっているんです。

あれは暖まりますね」と言います。

この患者さんは婦人科系の疾患で治療に来ています。

顔が熱くて夏でも足がヒヤッとしていました。

週一回の治療に加えて自宅で足湯をしてもらっていました。

そのせいか、最近では本来の疾患の症状も穏やかになり、だいぶ良い

状態になってきました。

長い間、旦那さんと二人で冷たいコンクリートの上で仕事をしていた

ためか、いわゆる冷え性になってしまったようです。

お風呂で暖まるのも良いのですが、湯あたりする人がいます。

そんな人に効果的なのが、お風呂に入る前の足湯です。

お風呂での暖まりかたが断然違います。

手間はかかりますが、いままでがんばってきた身体にご褒美と思いが

んばってやってみてください。

きっと、良いことがありますよ!

効果的な足湯のやり方へ

季節の果物「柿」

会津は「会津身知らず柿」として身知らず柿の有名な産地です。

風呂上がりに食べる「さわした」身知らず柿のおいしさは、絶品です。

「さわした」と言うのは焼酎で「渋抜きした」と言う意味です。

柿は高血圧の人が食べると良いと言われています。

柿が赤くなると医者が青くなるとはよく言ったものです。

人は体に良いからと言ってうまくないものをそう長く食べられません。

柿は体にも良いし、おいしいのでいっぱい食べたいですね。

でも、あまり食べ過ぎると、便秘になったり、体を冷やすことがあるので、ほどほどに。

柿と言うと思い出すのは、何年か前、柿の収穫を明日に控え、膝が痛

くてハシゴに昇れない患者さんを治療したことがありました。

奥さんが当治療院で治療を受けて良くなったので、旦那さんに治療に

行くように何日も前から言っていたのに、なかなか治療に行かないの

で、業を煮やした奥さんが旦那さんを引っ張ってきたことがありまし

た。

治療を終えて旦那さんが言った言葉「こんな事だったらもっと早く来

るんだった」です。

無事、翌日の柿の収穫をおこなうことができました。

良かった!良かった!

以上 平成22年12月のコラムでした。

 

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

福島県,会津若松針灸,会津若松鍼灸,井穴刺絡,円皮針治療,バンキー療法,整体, 頭痛,目の痛み,首コリ,肩こり,五十肩,背中の痛み,ぎっくり腰,慢性腰痛,膝の痛み,股関節の痛み,座骨神経痛,足のしびれ,腕の痛み,椎間板ヘルニア,腱鞘炎,痔疾,頻尿,便秘,胃がむかつく,糖尿病,高血圧,アトピー性皮膚炎,生理痛,偏頭痛,不眠,婦人科疾患