福島県会津若松市の鍼灸治療院/tontonはり灸治療院・肩こり・腰痛・膝の痛み・座骨神経痛・井穴刺絡

会津若松市の鍼灸院、なかなか治らない「肩こり」、「腰痛」、「膝の痛み」を原因から治しませんか?

腰痛

腰痛

①運動、重い物を持ち上げた。無理な姿勢で腰を痛めた場合

・・・患部のバンキー治療、患部の圧痛点に円皮針の治療。

②上記のようなことなく、だんだんと痛くなった腰痛の場合。

・・・内科疾患の腰痛。古傷や手術の癒着の腰痛。

  婦人科の腰痛。

足首や足の甲(中足骨の間)のトラブルによる腰痛が考えられます

ので、それぞれの治療後、腰痛が改善していればその治療を続けま

す。

①運動や無理な姿勢での腰痛の治療。

a.痛みが出る姿勢を経絡テストで探します。

b.痛みの患部にバンキー治療をします。また、最も痛い圧痛点(押

さえて痛い所)

c.改善したか(a)の姿勢になって調べます。

②上記以外の原因での腰痛の治療

a.痛みが出る姿勢を経絡テストで探します。

b.各各の治療を行い、その後に腰痛が改善するか調べます。

 ●内科疾患の場合・・・肝臓F2、腎臓F3、胃腸左F1F6など

の井穴刺絡を行います。上腹部の症状が解消すると共に腰痛が改善す

れば正解。

 ●古傷や手術の傷痕、癒着の腰痛では、立位で、傷痕とその周囲を

押さえて痛いところがないか調べます。何度押さえても痛みがあれ

ば、それに円皮針を貼ります。

虫垂炎の手術では右F1F6、胆嚢の手術では右F5、胃腸・婦人科

など正中の手術では百会の刺絡をします。

 ●婦人科の腰痛・・・生理前の腰痛などでは、副交感神経が働きす

ぎてアセチルコリンの分泌過剰による腹痛、腰痛が考えられます。

この腰痛には、副交感神経を抑制するH5F5の井穴刺絡を行いま

す。

また、婦人科にある痛みを軽減させるためには、脾経F1、肝経

F2、腎経F3の井穴刺絡や三陰交に円皮針を貼ります。

 ●足の甲や足首のトラブルの腰痛

足の甲の骨の間(中足骨の間)や足首のまわりをていねいに押して痛

みがないか調べます。

また、指の股や足の指にも圧痛が存在することもありますので、

見逃さないように調べます。圧痛が見つかれば、これに円皮針を貼

り、その後、腰痛が改善したか調べます。

c.改善したか、治療前の姿勢になって調べます。

■外反母趾・・・特に親指の内外、脾経F1や肝経F2。

骨の配列が悪く他の足の骨の間の筋肉などにもコリや痛みを作り、

これが腰痛や膝の痛みを作っている。

■指の長さの違い・・・足の指の長さが左右で違う、人差し指が異常

に長いのも腰痛に。

■足のタコ、膝の裏のコリも腰痛の原因となる。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

福島県,会津若松針灸,会津若松鍼灸,井穴刺絡,円皮針治療,バンキー療法,整体, 頭痛,目の痛み,首コリ,肩こり,五十肩,背中の痛み,ぎっくり腰,慢性腰痛,膝の痛み,股関節の痛み,座骨神経痛,足のしびれ,腕の痛み,椎間板ヘルニア,腱鞘炎,痔疾,頻尿,便秘,胃がむかつく,糖尿病,高血圧,アトピー性皮膚炎,生理痛,偏頭痛,不眠,婦人科疾患